レポートの書き方講習会 資料置き場


講習会Step4(2017年8月7,8日)資料


201708レポートの書き方講習会step4.pdf (371KB)
配布資料A推敲例.pdf (438KB)
配布資料B推敲例.pdf (767KB)
配布資料C推敲例.pdf (404KB)

講習会Step3(2017年7月4,6,7日)資料


201707レポートの書き方講習会step3.pdf (2,251KB)
「レポートの書き方講習会Step3」ワークシート.pdf(書式) (191KB)
「レポートの書き方講習会Step3」ワークシート.pdf(記入されたもの) (1,183KB)

講習会Step2(2017年5月22,25,26日)資料


【質問 1】たとえば「看護について論じよ」という課題に対してはどう書いていけばいいでしょうか?
【回答 1】まず「看護」を配布資料 p.11 図中の「つかみどころのない問題」とみなします.次に,今回紹介したキプリング・メソッドを「看護」という単語に当てはめます.すると,例えばWhere(高齢者看護の現場=◯市営病院で),Who(足を骨折した患者に対して),Why(患者のQOLを向上させるために),What(看護のスタッフやシフトを),When(深夜帯に),How(スッタフを重点配分することによって...を実現する方法)という具合に看護の1ケースのイメージが具体化します.いったん問題が絞り込まれ,解決すべき問題のイメージが固まったのなら,例えばその看護ケースの実例と現在の課題等,何を調査するべきなのかも明確になります.


nursing

201705レポートの書き方講習会step2.pdf (1,607KB)


□ お問い合わせ先 □
中央図書館 学術情報担当
Tel: (0857)31-5673 (内線:7060)
E-mail: ac-gakuju [at] adm.tottori-u.ac.jp